妊娠中早期的徹底掃除が吉!黒カビ体内への恐怖

妊娠初期中に早めにあちこち掃除をしておきたい時、特に徹底して掃除をしておきたいのはエアコンです。それはなぜか、写真を見ればあなたも自宅のエアコンをチェックしたくなるはずです。

表面が綺麗でもエアコンは汚い

我が家は比較的定期的にエアコンの掃除をしている方だと思いますが、使っているうちにこんな症状はありませんか?

酸っぱいそうな臭いがする

使用しているエアコンメーカーや機種によって機能が色々ありますが、我が家では使用後にバイオクリーン機能を使って、細やかながら空気に嫌な臭いがしないように心がけてはいますが

黒カビの存在

黒カビから赤ちゃんを守る

そうです。エアコンだけでなく部屋中に潜む黒カビの存在を知っていますか?

カビが引き起こす感染症例

気管支肺アスペルギルス症

疲労が溜まり免疫力が落ちている人がカビを大量に吸い込んでしまうと、肺からカビが入り肺にカビが生えてしまうことがあるというのは怖いものです。それが気管支肺アスペルギルス症と言います。以前肺の病気になったことがある人、肺が空洞になっていたりすると発生しやすくなるらしいのです。

アスペルギルスは世界中で感染例が多いカビと言われています。症状が出ない場合もありますが、咳や発熱、呼吸困難などが起こることがありますので、もしかしてと思ったら病院で診察してもらいましょう。

発生源:布団(ベッド)やカーペット、エアコン内部など

気管支喘息

気管支喘息の原因は様々ありますが、黒カビやダニが原因であることが多いと言われています。

しかし、アレルゲンがよくわからない場合、アルテルナリアという黒色真菌が原因となる場合があります。湿気の多いお風呂場や台所、押入れ(クローゼット)などに存在することが多いのが特徴です。

ヒューヒュー、ゼーゼーという音が聞こえる喘鳴が特徴で、咳や息切れ、発作がひどいときには呼吸困難になってしまうのが症状です。

夏型過敏性肺炎

夏型過敏性肺炎(夏型肺炎)は夏場に多い病気とも言われています。通常の肺炎のように細菌やウイルスが原因ではなく、ホコリにまぎれているトリコスポロンというカビによって発症します。

風邪と症状が似ているので見過ごされることが多いのですが、治ったと思っても翌年の夏にまた発症するのが特徴です。(怖いですね)日当たりや風通しが悪い場所で発生しやすいカビです。

毎年夏の終わり頃に発熱や咳が起こる場合は夏型過敏性肺炎を疑った方がいいかもしれません。慢性化すると肺が萎縮し、呼吸困難や呼吸不全が起こる場合もありますので、大人も子どもも注意が必要なのです。

カビを放置すると健康被害に

毎日夏に使うエアコン(クーラー)の真下で毎晩寝ていた男性が肺に違和感があると掛かりつけのクリニックへ診察に訪れたところ、入院する事態になった話を聞きました。

カビを放置すると健康被害に

実は考えられる原因は黒カビのだったのです。

エアコンの掃除もスプレータイプのものをたまにやっていたそうなのですが、知人に頼んで徹底掃除をしたところ、この写真を見てください!

妊娠中早期的徹底掃除が吉!黒カビ体内への恐怖

エアコン内は真っ黒!

もしこれらを空気中を舞うほこりと一緒に生まれてくる赤ちゃんも吸っていたらどうでしょう?恐ろしくてたまりませんよね。
(※エアコン掃除写真は友人より許可をいただきました。Aさんありがとうございました。)

たかがエアコン、されどエアコン。

ぜひ早めにお部屋のお手入れと、エアコン掃除はもちろんのこと、お風呂や水回り、窓などを安心して子育てができる環境を整えていきましょう。