妊娠1週目に感じたこと・身体の変化日記

妊娠1週目に感じたことや身体の変化として、蕁麻疹になりました。かゆい痒すぎる!!そんなあなたへ私の体験談や対策を綴ります。

蕁麻疹が発生1日目

妊娠1週目蕁麻疹発生

妊娠1週目の終わりに私の身体に異変が発生。学生の頃から発症し始めた蕁麻疹。しかし打たれ強くなったのか?笑
ここ何年も蕁麻疹は出てきていない私でしたが、2日間に渡りとんでもない数の蕁麻疹が全身に出てきたのでびっくり。

朝起きて蕁麻疹

朝起きて蕁麻疹

冬のため乾燥が続く日々、手首辺りがカサついているのかと思いきやポチッと小さな蕁麻疹を発見。
ただ疲れが溜まってきたのかなと考えつつ、あまり気にしないようにしようといつも通りにしていましたが、お尻や太ももが一気に痒くなってきたのです。

初めての人は、慌てないことです。このブツブツ個体が掻くことで、広がり、そしてくっつくので見ているとゾーっとするかもしれません。また無理に掻きむしったりすると後が残るので、我慢することです。冷やすこともよいかもしれませんが、どうしても駄目だという時は、産婦人科の先生に問い合わせてみましょう。

息抜きにジムへ

蕁麻疹を掻かないように息抜きにジムへ

元々行く予定だったジムへ行くか迷ったのですが、家にいるとただただ蕁麻疹を気にしたり、掻いたり悪の連鎖が続きそうだったため、息抜きも兼ねてジムで運動することに。

息抜きは効果があったようで、運動中は全く悪化することもなく気にすることは少しあったものの、蕁麻疹の広がりもそこまでではないままでこの日は安定的でした。

蕁麻疹2日目

やっぱり朝になり戻ってきた蕁麻疹。ストレスの影響なのか?それとも妊娠なのか?とはいっても妊娠検査薬を使ったとしても、反応は出るはずもなく。

どうにか乗り切れるかなと思いつつ、仕事もいつも通りこなして買い物にでかけた頃、鼻の下辺りが痒くなってきて、お店のトイレに行くと、太もももお尻も熱を持って真っ赤になって大変なことになっていたのです。それを見たからかイライラが高まってきたので即帰宅。

生理から14日目

生理から14日目

蕁麻疹2日目は、ちょうど先日(前回)の生理からちょうど14日目で妊娠しやすい環境でもあった頃と言われる頃だったのです。

落ち着くこと

帰宅してから、お茶を飲みゆっくりしていたら、いつの間にか消えていた蕁麻疹。妊娠に向けてホルモンバランスが変化しているからなのか、それとも違う原因なのか。とにかく一気に広がった蕁麻疹には驚かされましたが、2,3日程度で引いたためホッと一安心でした。

その他の気づき

妊娠1週目終わり頃で思ったこととして、受精の頃なのか片側左側の下腹部(卵巣あたり)の痛みを感じた時がありました。もしかして、これなのか?と。

とにかく休息は大事。いつもの行動範囲や時間でも、妊娠になると意外と疲れているみたい。ちょっとの疲れもご注意くださいね。